前へ
次へ

中学受験は一体誰のためのものでしょうか

都内文教都市と言われた地域では、国立大の付属小学校に幼稚園児が受験し、入学できても中学校に進める子供は御供少数だそうです。学力が及ばないのが実情で、その為、地元中学には行きづらく、私立の中学受験となるそうなのです。子供には、親の勝手な都合でいい迷惑でしょう。遊ぶ時間もなく、附属に通わされ、挙げ句、難関受験を余儀なくされ、結果は親が満足する中学に合格することも儘ならない。こういった子供が実際いるということです。小学校の段階で子供がどんな道を進むかというのはあまり考えにくいものであり、ある程度親がレールを引いてあげるという背景がどんな家庭にもあるのでしょう。中学受験についてのあれこれ、知りたい人はこんなサイトがお勧めです。

Page Top