前へ
次へ

楽しく歌って、楽しく吸収

私の英会話勉強法は、英語の歌を歌うこと。しかも、教科書に乗っているものではなく、流行っているもの中心で。ちなみに私の場合は、80年代中心に歌っています(おじさんです)。何故こんなことをしたかというと、数年前、友人がカラオケで酔って英語の歌を歌った時のこと。周りの女の子の「カッコよくない」がそもそもの始まり。仕事でも、自己啓発でもない、ちょっと不謹慎な動機です。まずはCDを購入。日本発売の多くのものは、歌詞カード(対訳付き)が付いてきます。歌詞カードの無いもの(ダウンロードしたものや輸入物)は、インターネットで、曲名と聞き取れる範囲で単語を打ち込むと、多くの場合、歌詞を検索することが可能です。それを「手で書く」、もしくは「キーボードで打つ」という作業をします。後はメロディーに合わせて歌うだけ。歌や文学などの英語は、技術英語と違って日本語にするのは難しいですが、「こんな状況では、こんな英語を使うんだ。」というのが何と無くわかってきますし、何度も歌っているうち、言い回しが体に染み付いてきます。予断ですがその後、私が「カッコよくない」と言われたかどうかは秘密です。

Page Top